So-net無料ブログ作成
検索選択
にんぷっぷ ブログトップ

夜間救急で病院へ [にんぷっぷ]


病院から帰宅後。

食欲もあまりなかったものの、薬を飲むために果物を少し食べて、
処方してもらった薬を飲んで、横になっていました。


頭の中では

この下腹部痛は、妊娠が原因なのか。
だとしたら、この妊娠はどうなるのか。

妊娠が原因でなかったとしたら、何が考えられるのか。
それによって妊娠に与える影響はないか。

ずっとずっと考えていました。
体は休めても、気持ちは全く休まらないまま。

薬も、すぐに効果が出るわけではないと思っていたけど、
ちっとも痛みが引かなかったから、ますます不安に。


痛いなぁ・・・痛いなぁ・・・
この薬はいつ頃効き始めるんだろうなぁ・・・
と思いながら、夕食もとれず横になっていて、
目が覚めて気がついたら、激痛になっていました。

おなかを抱えてうずくまっていないとどうしようもないほど痛くて、
寒くて体が震えて、
気分が悪くて、
本当に怖かった。

寝室からだんなっちのいる居間にやっとの思いで移動して、
もう一度受診したい!とお願いしました。

時間は夜9時頃だったと思います。この時間では夜間救急の扱いです。
さすがにだんなっちも一人では・・・
すぐに電話を手にとって、蘭州に来てから知り合った、
蘭州にご家族でお住まいの日本の方(以下lanpatternさん)に協力を求めてくれました。
そして、ありったけのお金をもって、タクシーで病院へ。

5月だというのに、私は何枚も重ね着して、ブランケットをおなかに抱えて、
寒さと痛さにぶるぶる震えながらタクシーに乗りました。



病院に着くと、既にlanpatternさんは来てくださっていました。

救急の窓口へ到着して、昼間も受診していることを伝えると、
『産婦人科なら、この棟ではなくて別棟の○階へ』と。

おなか抱えて、頑張って歩きました。
痛いけど、寒いけど、歩かなくっちゃ診てもらえない!!

やっとたどり着いた産婦人科病棟で、
私は廊下の椅子にやっと座ることができて、
おなかを抱えて丸まっているのが精一杯。

だんなっちとlanpatternさんで、当直の医師と看護師に状況を説明してくれました。
昼間の受診内容とそれからの経過、今の症状。
私の頭の中は、『あああぁぁ・・・おなかいったぁいぃ~~~ぐおぉぉぉ・・・寒いぃぃ・・・』
何も考えられませんでした。
だんなっちとlanpatternさんが、慣れない病院しかも産婦人科で頑張ってくださっている姿を
ただただ見ているだけで精一杯。


で。
まず最初に、血液検査をする話になったとのこと。
『血でも何でもいくらでもとってくれぇ~~~・・・早くこの痛みをとってぇ~~~・・・』
と思ったら、

『血液検査は、さっきの(救急の窓口がある)病棟だから、
 検査に行ってきてください。』

は?
はぁ?
はぁぁ??

ここじゃ血ぃとれないのかい?
私の状況、見てわからないのかい?
またあれだけ歩いたら、もうホントに痛くて死ぬ!!

と思いました。


結局、移動せずにその病棟で血を抜くことになったのですが、
何をするにも前払い。

検査料金支払窓口へ行って、領収書をもらって来るようにとの指示。
ここは入院病棟らしく、検査室などはすべて外来病棟にあるらしい。
だんなっちが指示された場所へお金を持って走りました。
一度1階フロアまで降りて、その場所まで。

私は、やっと病棟の処置室のような場所へ通されて、
やっと横になることができましたが、痛みも寒さもピークで、
冷や汗かきながら、唸ってうずくまっていることしかできませんでした。
そんな中で、lanpatternさんはずっと背中をさすってくださっていました。

だんなっちが息を切らして戻ってくると、領収書を確認して、採血。

そしたら!
『これ(採血した試験管)を検査室まで持って行って、結果をもらってきて。』と。

だんなっち、血ぃ持ってまた走る!
私は、唸ってうずくまる!

しばらくして、だんなっちが戻ってきて、結果を見て、

『白血球の値が標準範囲ではないから、盲腸かもしれない。
 でも、子宮外妊娠も考えられない訳ではない。
 それか、風邪の菌でもおなかに入ったか。。』

とりあえず、昼間の受診ではまだ無理だと言われたけれど、
超音波検査で子宮内と盲腸あたりを見てみることに。

・・・産婦人科病棟の処置室なのに、ここに超音波検査の機器がない!
  はぁっ??

だんなっちは検査料金を支払いにまた走り、
その後、超音波検査室へおなかを抱えて歩いて移動。。

この移動を頑張れば、少なくともおなかの状況がわかるはず!
運が良ければ、子宮内での着床の状況もわかる!!
がんばれ!私!!

仮眠中の検査技師を起こして、検査をお願いすると・・・

『・・・うーん。はっきり見えない。
 膀胱に尿が全然たまってないから、キレイに見えない。
 たくさん水飲んで、おしっこ我慢して、もう我慢できないっ!て程までたまったら
 また呼びにきてくれる?』 と。

あのー・・・朝から気分が悪くて、果物ひとくち以外食べられなかったんです。
胃、からっぽなんです。
どんだけ水飲んだら胃を通って膀胱まで到達するんでしょう??


その頃、lanpatternさんが現地の中国人女性を呼んでくださっていました。
男2人より、やっぱり現地の出産経験のある女性を。と、お気遣いくださったのです。
本当はlanpatternさんの奥様をと思ってくださったのだそうですが、
体調を崩していらして、その女性に連絡をとってくださっていたのでした。

確か、この時点で深夜0時に近かったと思います。
私はとにかく水!水!水!!飲んで!飲んで!飲んで!!
500mlのペットボトルで4~5本飲んだような覚えがあります。
おしっこは我慢!我慢!!

からっぽだった体に水が入って、
やっと検査してもらえそうな膀胱の具合に。

おなかの上に超音波の器具を置かれるだけで、
口から水がピューッと吹き出しそうなぐらい、水で満腹でした。。

来てくださった女性も一緒に検査室に入ってくださって、
検査の状況をきちんと聞いてくださいました。

検査の結果は、
子宮内に着床しているから妊娠は確実、子宮外妊娠はない。
盲腸あたりに目立った異常も見あたらない。

とのこと。
次に、尿検査のために検査室のある病棟へ移動。


その結果をもって産婦人科病棟へ戻ると、
産婦人科ではこれ以上確認することはないから、
盲腸の疑いを確認するために外科へ行くよう指示が出ました。


しかし、その頃。気がつけば、
あれ?おなか痛くなくなってきてる・・・普通に歩けてる・・・
何でだ?何でだ??水か?大量の水分のおかげ??
水分補給したことで、崩れていた調子が戻ってきたのか?

妊娠が確実になったことは本当に嬉しかった!!
痛みが無くなってきたことは、本当に嬉しかった!!

でも微かには感じる痛み。
外科でおなかの上からグイグイ押されて、微かな痛みを訴えると、
『血液検査の結果を見ても、盲腸の疑いはあるから、
 点滴打って帰りなさい。数日間点滴打ちに通いなさい。』と。



救急病棟に戻って、点滴を始める前にアレルギー反応のテストを。
腕の内側に、ちょっとずつ注射して反応をみるのですが、
最初の数種類がすべてアレルギー反応。
次の数種類もすべてアレルギー反応。
私、そんなにアレルギー体質だったかしら?

反応を判断するまで数十分の待ち時間もあり、それが数回繰り返されているわけで、
すでに時間は夜中の3時に近かったように思います。

おなかの痛みもほとんど消えていて、
今この状況に点滴は必要か?というほどに回復していました。
長時間痛みと寒さの震えと戦った体は疲れ切っていました。
とりあえず、もう帰ろう。ということに。

もう痛みの症状もないし、帰る。と救急の看護師に伝えると、
それにも医師の許可が必要とかで、なかなか事態が動かない。
その許可を出す医師が帝王切開の手術に入ったとかで、時間が読めない。。

それでも何度か現地の女性が掛け合ってくださって、
帰宅することになりました。



lanpatternさんと途中から駆け付けてくださった女性の存在は、
私はもちろんのこと、だんなっちにとっても非常に心強かったようです。
突然のことで、最後の最後まで助けていただいて、感謝してもしきれません!
夜明けの直前までの長い時間、本当にありがとうございました。


この1日で経験した思いから、
私はこの約2週間後に慌てて1人で帰国したわけです。


蘭州から北京まではだんなっちが見送りに来てくれて、
北京から成田へは1人で。
まだまだちっちゃな赤ちゃんのたまごをおなかに抱えて、
飛行機に乗りました。

帰国が土曜日だったので、翌週月曜日には日本の産婦人科を受診。
元気な拍動も確認できて、幸せでした[かわいい]


パパもママも赤ちゃんも、がんばりやさんだったこと。
蘭州でかけがえのない人々に出会って、とてもお世話になったこと。
今こうして史織が無事に生まれて、笑顔をふりまいてくれる幸せを
ずっと忘れずにいたいと思います。



nice!(2)  コメント(6) 

それは、妊娠38日目に。 [にんぷっぷ]


2007年5月。
妊娠検査薬で陽性反応が出ました。

私たちの帰国予定は、この年の6月下旬。
あと2ヶ月弱で帰国。

ちょっと不安はあったけれど、とりあえず、何事もなければ、
このまま6月下旬まで予定通りに滞在して、
だんなっちと一緒に帰国して、日本で産婦人科に掛かるつもりでした。

だって。
聞くところによると・・・

診察室にプライバシーなど存在しないも同然。
診察中に当たり前のように他人がいて、診断結果ももちろん聞かれる。
順番だってあってないようなモノだし。
私の偏見ですが、私自身が中国地方都市の医療を信用できなくて。
風邪やケガとは違って、産婦人科に掛かることを考えたら、
蘭州で病院に掛かることは避けたかったわけです。



そして、2007年5月21日。
妊娠38日目のことでした。

前夜からあまり体調が優れず、下腹部痛が始まりました。

そして、朝。
妊娠していることがわかっている上に、
下腹部に痛みを感じていることがとても不安で、
あんなにイヤだった病院に行くことを決心しました。

蘭州大学の留学生として滞在していたので、
蘭州大学の付属の病院に掛かることになりました。
現地では大きな病院だったし、その点では安心して行きました。

ここで大変だったのは、だんなっち。
だんなっち自身では、中国で病院に掛かった経験がなく、
しかも、デビュー戦が産婦人科。。

私自身のへなちょこ中国語では伝えきれないし、
間違いなく聞き取れないことはわかっていたので、
だんなっちに頼るしかなかったんです。


病院に入って、まず最初の初診の受付段階からわかりません。
だんなっちが一生懸命聞いて、手続きをしてくれて、
やっと産婦人科へ。

・・・行ってみたけど・・・
廊下の椅子には男女入り交じって沢山の人がいるけれど、
番号札も何もない。
みんな産婦人科に関係がある患者さんなのかもわからない。

慣れない留学生の勢いで、まず私が診察室に入りました。
白衣を着た医者らしき女性がパソコンの前にかたまって3人。
案の定、患者なのか付き添いなのかわからない人々が数人。
でも特に先生と話している様子ではない。

私が話しかけたら耳を傾けてくれたので、
私は留学生であること。
私の主人が中国語を話せるので、診察室に入れてもいいか。と尋ねました。

OKをもらって、だんなっちが入ってきて、すぐに問診のような状況に。

これまでの状況を一通り説明すると、
「妊娠検査薬で陽性だったわけですね。
 超音波で確認したいけど、妊娠38日では早すぎて、きっとまだわからないと思う。
 おなかが痛いということですが、出血は?」

出血は無いことを伝えると、
ここで衝撃の質問が。


「おなかのその子、要りますか?」


最初は、「要不要?」と聞かれているのはわかりましたが、
何について聞かれているのかわからず、
だんなっちと二人して何度か聞き返しました。

そして、やっとそう聞かれていることに気がついて、


「も、もちろん要ります!!」


と、大きく返事。。

すると、デスクの引き出しから小さな箱を取り出して、
「コレを飲んで、安静にしていてください。」
と、薬を渡されました。
見てみると、『流産予防・・・』のようなことが書いてあり、
ホルモンの薬だということがわかりました。

帰りの会計に関しても、だんなっちが頑張ってくれて無事終了したわけですが。
あれ?
あれれ??

確かに、超音波検査は時期的にムダかもしれないけれど・・・
私の体に指一本触れずに、問診だけで、流産か?と決められて、薬が出た・・・

なんかしっくりこない。
なんかやっぱり心の底からの信用ができない。
う~ん。

でも、薬の箱には『流産予防』という漢字が書いてあるし、
悪いモノではないであろうということで、これは信じることにして、
自宅に戻って、薬を飲んで、横になっていたのでした。

あの衝撃の質問を反芻しながら。。。



この続きは、また次回。
次回『kayosuke、夜間救急で病院へ』 です。



nice!(1)  コメント(0) 

里帰り [にんぷっぷ]

またまた更新の期間が開いてしまいました…
お久しぶりですf(^^;)

明日で妊娠34週目に突入です!
もう9ヶ月も半ばかぁ…時間が経つのは早いなぁ…

そんなわけで、今日、あいにくの雨空となりましたが、
実家に里帰りしてまいりました☆
里帰りとはいっても、同じ県内。
県北部か県南部かの違いのみ。
しかしまぁ、それだけでも寒さが穏やかな気がします(笑)

私の実家は、一応市街地にあるので、
散歩でウロウロできる範囲に、公園やスーパー雑貨屋さんなどがあります!!
えぇ…別に取り立てて話題にするようなことではないのですが、
今までの生活では、散歩圏内には無かったものなので、
また違った散歩が楽しめるとあって、ちょっとウキウキなんです♪
(だって、キジとかクマとか出るトコにいたわけですから…笑)

あ、でも、お財布の紐はググッ!とシッカリ閉めて行きますよ~!!
かかるのはこれから!これから!!ですもんね。

そして、明日は出産予定病院での検診再開!
だんなっちが遅れて帰国してくるまでの妊娠12週検診まで、
この病院でお世話になっていました。

ここのチャキチャキ助産師さんに、
「もうこれ以上太っちゃダメよ~!」と言われる事はわかっているんです(^^;)
妊娠初期の初期から体重管理にはとっても厳しかったから!!
でも、とっても頼りになるベテラン助産師さんなので、好きなんです♪
こういう方の存在って、すごく大きいなと思います。

おなかの中で、毎日元気にボッコボコと動いてくれている
赤ちゃんとの対面まで、あと少し。
ここまで風邪もひかずに健康に過ごせているので、
気を緩めずにこのまま健康で行くぞ(^0^)/~


nice!(2)  コメント(6) 

パパの手 [にんぷっぷ]

久しぶりの更新です(^^;)

現在妊娠8ヶ月目に突入しております♪
おなかの赤ちゃんは順調♪

いつからだったかなんて、もうハッキリわからないけれど
ここ1~2ヶ月の間に自分が思っているよりも
う~~~んとおなかが大きくなってきていて、
本当にびっくりさせられます。

産科検診での超音波検査では、
超音波の器具がおなかの上を動く範囲がどんどん広くなって、
見える映像もどんどんヒトらしくなって、
決して『カワイイ』とは言えない(笑)映像だけど、
『愛おしさ』はすごく実感☆

自分のおなかの中に、8ヶ月も宿っている『命』ですから。
そりゃ愛おしいですよね(^^)

胎動もたくましくなってきました!
最初はコチョコチョくすぐられているような微かな感覚だったのに、
今では大きな動きをされると思わず 『おぉう…』と脱力してしまうほど(笑)
でも、朝・昼・夜を問わず元気に動いてくれるのは嬉しいなぁ♪

そんな嬉しさをだんなっちにも♪

…と思うのですが、
だんなっちが手を当てると、赤ちゃん静止!!(笑)
よく静止されてます。
「はあぁー。よくわかんないよー。」ってだんなっちは言ってます。
残念だなぁ。何故だろう。

でも! これを利用しない手はない!!
就寝前、あまりに活発な胎動で眠れない時には、これが効く!!(笑)
少しの間おなかに手を当てていてもらうと、動きが落ち着くんです。
いまのところ。

きっとだんなっちの手のひらから、何か目に見えないものが出ていて、
『パパの手だ!』ってわかるのかもしれないなぁ。
おなかの赤ちゃんは、パパの手に癒されて穏やかになっているのかも。

そう思うことにしよう(笑)


nice!(3)  コメント(13) 

通院は旅気分♪ [にんぷっぷ]

今回は、我が家から産科検診でお世話になっている病院までの
車からの景色を紹介したいと思います。

私がお世話になっているのは、総合病院。
診察・検診は午前中のみなのです。

だから、少し涼しくて空気がキレイな朝の時間帯の移動です。

私が大好きな景色は、ここ↓

この道は、写真奥に見える山々の麓まで、真っ直ぐな一本道!
この道を突き当りまで走ります(^0^)v

高い建物もないし、視野は大きく広がっていて見晴らしが最高☆

そして何より、この時期になると…

並木が紅葉で色付いて、とってもキレイ♪

この写真奥の山々は、『日光連山』です。
この時期は、紅葉を楽しむ観光客で賑わいます。
周りの車を見ると、関東近県のみならずポツポツと全国各地のナンバーが見られ、
私は病院に行くというのに、ちょっと観光気分に浸れます(笑)

病院は麓にあるので、『いろは坂』を上ったりはしませんが、
日光東照宮の前を通り過ぎるので、観光客がゾロゾロ歩いていると
なぜかちょっとウキウキしたりして。

こんな感じで、その先のいろは坂を目指して、
山を目指して走っている車の中に紛れていると、
月に2回の通院が 旅気分♪ なんです(*^^)v


nice!(2)  コメント(6) 

ぐるん!ごにょん! [にんぷっぷ]

妊娠して、初めて胎動を感じたのは、
5ヶ月目に入ってすぐの8月中旬頃だったような。

夜、布団に入って雑誌を読んでいたら
下腹部を内側から『こちょこちょ』とくすぐられているような
かすかな感覚が・・・

まさかコレが胎動だなんて頭に無くて、
この体勢で腸の動きが活発になったんだろう。
妊娠中は腸も面白い動き方をするんだなぁ、きっと。
と思ってました。

ちょっとして、体勢を変えて雑誌を読み続けていると、
また同じ場所がくすぐったい!!しかもやっぱり内側から!!

そこでやっと 『これが、胎動ってやつかも!?』と、ピン!ときました。
おなかの中にもう一つの命が宿っていて、
それがちゃんと生きていることを主張していると思うと、嬉しくて☆
『またくすぐってくれないかな~』って、つい期待しちゃう!

最初はかすかな動きだったものが、1ヶ月が経った今となっては、
おなかの中を大きく 『ぐるん!ごにょん!』 と動いているのを
毎日感じられるようになりました。

あまり気持ちの良い動きではないことも、たまにありますが(笑)

『蹴った!』『叩いた!』というような、
ピンポイントで感じる胎動はまだないけれど、
寝返りでも打ったのかな?
あぐらをかく足を組み替えたのかな?
伸びでもしてるのかな?
なんて想像しながら、思わずナデナデ…♪

初パンチ・初キックに気付けるといいなぁ。


nice!(4)  コメント(14) 

妙な緊張感… [にんぷっぷ]

先日、お世話になっている病院主催の
「母親学級」に初参加してきました!!

主な内容は、事前にもらったプリントでわかっていたけれど、
やっぱりワクワク

できれば、お友達なんかも作れたらいいなぁ~…なんて
淡い期待もあってドキドキ☆

今暮らしている場所からその病院までは、車で約1時間半。
電車では乗り継ぎが悪いので、だんなっちの運転で車で行きました。

もちろん、だんなっちも参加!
助産師さんからは、「母親学級となっているけれど、誰が来てもOK」
と言われていたのです。

時間になって、会場へ行ってみると…

びみょ~…な雰囲気。
誰も一言も会話してないし。
パッと見若い妊婦さんは、携帯メールに集中してるし。

多くも少なくもない人数で、
会場になっていた会議室の広さもちょうど良く、
席の並べ方も良かったのに…

アイスブレーキングも無いまま、
小難しい薬の話が始まってしまった(--;)

結局、この雰囲気は崩れぬまま、約3時間。
薬の話、食事の話、生活の注意点。

休憩とは言えない休憩時間が数回あったけど、
この雰囲気に身を置いているだけで疲れてきてしまって、
友達作りはどうでもよくなってしまいました…

私がこれぢゃぁ、だんなっちはもっと居心地悪かったでしょうねぇ。
こんなもんかなぁ、母親学級って。

次回は『妊婦体操』を教わるので、
もうちょっと和やかな雰囲気になるでしょう☆きっと。

話の内容は、勉強になりました!
食事の話では、耳の痛い思いもしましたが、
そういう話を聞いて、ますます『妊婦』の実感が湧いてきました(^-^)¥


nice!(1)  コメント(12) 
にんぷっぷ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。