So-net無料ブログ作成
蘭州の日々 ブログトップ
前の10件 | -

鍋底 [蘭州の日々]

1ヶ月くらい前に行った火鍋屋さんでの写真を載せます。

こちらでは、日本の鍋料理のように最初から具材を煮込んで食べるお鍋と、
最初に具材を辛く炒めた物「鍋底」(←料理名)を食べて、
その具材の味が染み込んだ油に辛ミソと白湯を加えて具材を煮込んで食べる
2段構えのお鍋の食べ方とがあります。

そして、私はその「海老とイカの鍋底」が大大大好き!で、
少なくても月に1度は火鍋(というか「鍋底」メイン)を食べに行くのです。

その「海老とイカの鍋底」というのが、これ↓


一般的な火鍋屋さんだと、鉄のお鍋で出てくるのですが、
ここはちょっと高級なお店で、土鍋でした。

辛さの好みを注文の時に聞かれるので、我が家は「微辛」で。
写真の色ほど辛くはないのです。

これが、おいっし〜い!!


さらに、つけだれを注文します。


(ここのおわん、デッカイ!)

我が家はいつも、芝麻醤(ごまだれ)。
ごまペーストにごま油が足されているものです。
これにピーナッツペーストがブレンドされているお店もあります。

これで食べるとまた、おいっし〜い!!
まさに私のツボに入る味なんです!!


お気づきかとは思いますが、結構お鍋が大きいのが難点・・・。
「鍋底」は、2人で食べるにはかなりの量があります。

火鍋を食べに行こう!と決めている日は、
なるべくその時間帯に合わせておなかを空かせて行くのですが、
「鍋底」でおなかいっぱいになってしまって、
このだしを活かしたお鍋まで辿り着けずにギブアップすることが多いんです。

ちなみにこの日も、「鍋底」でおなかいっぱいに。
お鍋まで辿り着けませんでした。
ここはお鍋も美味しそうだったのに・・・残念。

2人でも食べきれる「鍋底」の量で、
お鍋までちゃんと楽しめる火鍋屋さんを探し出すのは、
火鍋屋天国の蘭州においては、至難の業なのです。

人によっては、「微辛」でも辛い!とか、油っこい!とかで、
火鍋が苦手な日本人の方ももちろんいます。
私は夏でも食べたいけれど、お誘いした方が食べたいとも限らないし・・・
だから、

「一緒に食事しませんか?」
とお誘いするのには、火鍋のハードルは高いのです・・・(^_^;


<おまけ>
今回の火鍋屋さんで注文した「菊花茶」です。

キレイだったから、写真撮っちゃいました!
美味しかったです。


nice!(1)  コメント(2) 

shoppe [蘭州の日々]

うちのおんぼろアパートの区画に入る手前に、
新しく薬局ができました。

蘭州にしては珍しい雰囲気を醸し出してる洋風な看板。


これを、だんなっちと二人で眺めていて、気がついた!


「shop」ぢゃなくて、「shoppe」だ!!

このスペルを初めて見た私達二人・・・『メディスーンしょっぺ???』

何か無駄に多くアルファベットが付いているのか。
それとも、本当は後ろにまだアルファベットが続くのか。

自分たちの英語力の低さを忘れ、
自分たちの英単語のボキャブラリーのなさにも都合良く目をつむり、
しょうもない私達夫婦は、
この看板を見る度に何故か笑ってしまっていたのです。

ところが!
この写真で記事を書こうと思ってPCに向かったのですが、
(shoppeはスペルミスだと確信しているけれど)一応調べてみるか・・・
と辞書をひいてみたら、

・・・あぁ〜〜!!!
 あった、あるんだ「shoppe」!!!!

 あっ!
 うーわー、私達ってば、すごく失礼且つ頭悪そうじゃん・・・(-_-;)

 もうこれは、夫婦揃って大反省会。凹むなぁ、コレ・・・ 

 「自分ら勉強不足でしたっ!笑ってごめんなさい。」という気持ちで、
 お店の前を通ろう。と思ったり思わなかったり・・・

ちなみにshoppeとは、
主に店名に使い「専門店」を意味する単語だそうで・・・σ(^◇^;)

勉強になりましたっ!!


nice!(1)  コメント(10) 

油桃と芒果 [蘭州の日々]


これは、油桃(ネクタリン)。
この量で、9元(日本円で約135円)。


これは、芒果(マンゴー)2種類。
(左がペリカンマンゴーで、右がアップルマンゴー)
これ2つ合わせて、9元(日本円で約135円)。

果物が色鮮やかに店頭に並ぶと、嬉しい!
『色鮮やか』というのが、それだけでなんだか嬉しい!

でもって、食べると美味しいのも嬉しい♪

良い季節だ〜\(^O^)/

蘭州は、もう夏のような気温。
室内でも半袖Tシャツで過ごせる。

思い返してみれば・・・

やっぱり、春が短かった気がする。
蘭州は春と秋が日本ほどハッキリと長くはないみたい。
日本のように、じっくり「春」「秋」を堪能することは難しいね。

日本はもうじき(もうすでに?)雨のシーズン。
こっちもこれからの時期、雨降ったっけかなぁ。
去年が思い出せない(^_^;)


nice!(1)  コメント(5) 

にぎやかなヒザの上 [蘭州の日々]

だんなっちのヒザの上が、

こういう状態になることがよくあります。

目の前には、PC。
PC周りには、メモや資料、それに電子辞書。
この賑やかな机の上が基本(笑)

この状態のだんなっちが、何かごにょごにょ言い始めると、
ヒザの上に

『ばさっ。どさっ。ペラペラペラ・・・』

と、辞書やら資料やらがひろがって積み重なっていきます。

取っ替え引っ替え見比べて、
「ほっほーう・・・」とか「あれっ?」とか言いながら、
バサバサバサバサ・・・ヒザの上で資料たちの上下が入れ替わります。

そういえば・・・

日本で一緒に暮らし始めた頃、とても重くて大きな勉強机を買ったっけ。
奥行きも幅も申し分ない広さの机。確かお値段も良かった☆

さすがに広さはあったから、ヒザの上にまで資料を広げることは
あまりなかったと思うけれど、
広きゃ広いで、やっぱり机の上は大賑わいでした・・・(笑)

その状態のまま、蘭州へ出発されましたしね。
出発ギリギリまで部屋に籠もって唸ってたもんねぇ(^_^;)

私には価値のわからない資料やメモが山積みで、
だんなっちの一時帰国まで『現場保存』に努めたものです。

おー、なつかしい。
もう3年くらい前のことなんだなぁ。
だんなっちは、日本を離れて3年経つってコトか。
そのうちの1年8ヶ月は、私も一緒に蘭州暮らしか。

人生、何があるかわかりませんな。

あっ!
にぎやかなヒザの上を見て、ここまで考えてしまった!
私、ヒマそう!!(笑)


nice!(0)  コメント(4) 

黄河の水質汚染 [蘭州の日々]

ほぼ毎日、ネットでニュースを読んでいます。
興味がある分野・話題しか読んでいませんが(笑)

で、先日。
中国の生活に関する記事を見つけました。
その詳細を載せているページに行ってみると、
過去の記事リストの中に『蘭州』の文字が!!

Record China
「黄河に排水垂れ流し、下流では発育障害などの被害も
 ー甘粛省蘭州市」
http://www.recordchina.co.jp/group/g7893.html

オゥ(-_^:)
私達の生活用水は、黄河の水ですが・・・。
ま、今さらねぇ、どうしよう?!なんて焦りませんよ。
もうすでに1年半経ちますから。
水道にはスポンジ状の簡易浄水キャップを付けて、
1度沸騰させた湯を飲む。これは徹底してやっています。

黄河の水質汚染は、今に始まったことではないですしね。

蘭州を流れる黄河は、上流なこともあり川幅はさほど広くもない。
日本で『悠々と流れる大河』を想像して、蘭州に来て見ると、
あまり感動は無いのかも知れない。

それにニオイが加わると、ガッカリ・・・かもです(^_^;)

ニュース記事によれば、
工業用水も生活用水も未処理のまま黄河へ垂れ流し。

その影響で蘭州の下流にあたる町では、
奇形の子供や発育障害が出るなどの影響が出ているそうな。

ただ、その町は加害者でもある。
工業廃水を未処理で黄河へ垂れ流していると。

蘭州辺りでこの状況ということは、
ここから更に中流域・下流域へと流れていく間に、
またどんな状況になっていくのか・・・

はぁぁ・・・(v_v)
水が黄色く濁っていない、透明な川に行きたいなぁ。
魚が泳ぐキレイな川、緑が深くて、空気がキレイな場所へ行きたい。
森林浴したい!マイナスイオンを浴びまくりたい!!

うーん。日光へ行きたい。

東照宮を歩いたり、滝や湖を巡ったり、牧場へ行ったり、
木々の緑の景色の中にいたいなぁ。

そんな感じで、日本への想いが募るのでした。


nice!(0)  コメント(4) 

西瓜 [蘭州の日々]

今年初の西瓜です! 巨大スイカの4分の1。
※写真のスイカにはラップがかかっています☆

この真っ赤に熟れたスイカを、お出かけの通りすがりに見かけて、
お出かけ中ずっと気になって、結局帰りに同じ道を通って帰って、
購入しました^^¥

丸1個買うのが衛生的にも良いので、旬の時期には、
我が家2人で食べきれる程度の小ぶりな西瓜を買っていますが、
まだ旬の時期には早いこともあり、ハズレる可能性があるのです。

切ってみたら、「ピンク色の冬瓜?」みたいな・・・(笑)
それは避けたいっ!!

だから旬のど真ん中時期までは、2分の1や4分の1にカットしてある、
中身の色が見えるものを買っています。

もちろん、売値もまだ底値の時期ではないので、
あまりにもひどく高かったらやめようと思っていました。

水果屋さんのおじさんに、「これいくら?」って聞いたら、
おじさん飛んで出てきて、
「これ美味しいぞ!ホントに、ホント!!
 美味しいの選んでやるからなっ、ん、コレだ。これウマイぞ!」

ホントにウマイ?甘い??「うん、甘い!甘い!!」

やっぱり何度見ても、
見るからに甘そうな美味しそうな色・・・(☆。☆)おいしそ。
ダメだ、これ欲しい。買っちゃお♪

値段をちゃんと聞くのも忘れて、おじさんが選んでくれたのを購入。
量りに載せて、ガラガラチ〜ン!

「はい、15元(日本円で約230円)ね。」

え!・・・これで15元?!高っかぁ〜い(@_@;)
(重さがどのくらいあったかは忘れました。)

<kayosuke心の葛藤>
『でも、まだ旬ではないから仕方ないのか?
 4分の1でもかなりの大きさあるしなぁ・・・
 それに、旬でもないのにやたらと美味しそうだしなぁ・・・
 今ならやめられるけど、どうする?!私?!』

最終的には、買いました。ははは。

帰宅して、さっそく食べてみましたが、
思っていたとおり!おじさんが言っていたとおり!!

甘ぁ〜〜〜い!!
なんて美味しいスイカなんざましょ!
おなかいっぱい胸いっぱい☆

でも、何度思い出して考えてもやっぱり高かったので、
これを買って以来スイカは買っていません(笑)
これからは、底値の時期をじっと待ちたいと思います。

もうすぐ油桃(ネクタリン)とライチの時期です。
市場に行くのが楽しみな時期なんです^^


nice!(1)  コメント(8) 

交通マナーを守りましょう。 [蘭州の日々]

最近、市街地の大きな交差点には、
オレンジ色のジャケットを羽織った

『文明の笛を鳴らす人』

がいる。



背中をアップにしてみよう。

『文明交通勧導員』と書いてあります。

出た!文明!!
勧導とは、辞書によれば「戒め導くこと」。

交差点の角に立って、信号無視して渡り始める歩行者や、
車の流れを読みながらフラフラと車道を渡り始める自転車に対し、
(体育の先生が首から提げているタイプの)笛を力一杯鳴らす!!

親の敵のように大きな音で鳴らす人もいれば、
笛で文句を言うように小刻みに鳴らす人もいる。
「はいはい、ピッピッピーっとね。」みたいな感じで、
軽く鳴らす人もいる(笑)

どのタイプの勧導員であっても、
なぜか偉そうな態度で指示を出すのは共通している。
おたく・・・ついこないだまで信号無視してませんでした?(笑)

笛の音に気がついて歩道に戻る人の顔は、
ちょっとバツが悪そうな時もあれば、もちろん、
「チッ!なんだよ〜。うるさいなぁ・・・」の時もある。
照れ笑いの人もいれば、無表情の人もいる。

どの場合であっても、ちょっと微笑ましい。

私にしてみれば、この勧導員さんがいるとありがたい。
この調子で、なるべく多くの交差点に配置してもらいたい。

でも、いつも思う。
ドライバーのマナーはどうなんだろう。
ドライバーに対する『文明交通勧導』はどうなっているんだろう。

と。

路線バスのカーチェイス。
強引な右・左折。
俺が!俺が先だ!の譲り合いのないむきだしの闘争心。

こっちに問題はないのだろうか??
なんて考えるわけです。

歩行者が優先されない交通規則の時点で、
私はなかなか慣れることができなかった中国の交通マナー。
今でこそ慣れてはきたけど、ヒヤッとすることは頻繁。

蘭州で、この文明(交通マナー)は根付くだろうか。

いや、根付かせるコトが目標ではないのかも知れない。
ある特定の地位の人にとっては、
「この活動を蘭州でもやったこと」が重要なのかも知れない。

なんて、ちょっと斜めな見方もしてしまう自分(^_^;)

良くなるに越したことはない。
がんばれ蘭州!かんばれ文明交通勧導員!!


nice!(1)  コメント(6) 

甘栗も涼面も [蘭州の日々]

このお店で売っています。

春の終わりから夏にかけては、涼面。
秋から冬にかけては、甘栗。

と、1つのお店を季節で使い分け。

しかも、看板は年間通して同じ(笑)

ここの甘栗は、このブログでも数回取り上げましたが、
本当に美味しい甘栗です。
甘栗買うのに20分待たされても「仕方ないか。」と思える!

そして、ここの涼面もまた美味しい!!
写真にもあるように、お昼時なんかは大混雑!長蛇の列!!

みんながそこまでして食べたい涼面は、こちら↓

冷めた面の上に、とろみのある野菜スープをかけて、
ラー油、すりおろしたニンニク、ごまペーストをかけて
できあがり。

この写真では、涼面の上に烤羊肉(羊肉の串焼き)を
トッピングしています。

この羊肉がまた美味しい☆

涼面という名前ではありますが、
日本で言う「冷やし中華」のように冷たい面ではありません。
面は冷めていても、かけるスープが温かいので、
結局は、ぬるい面(アツアツではない)になるということです。

それでも、これは夏の風物詩のようなもの。
コレを扱い始める面屋さんが増えてくると、
『夏』を感じずにはいられません!

このお店でなくても、あちこちで涼面は食べられます。
でもやっぱり美味しいとわかっているお店で食べたいですよね。

このお店に出向いて涼面を食べる機会は、
あと何回あるかなぁ。


nice!(1)  コメント(6) 

へーんしん! [蘭州の日々]

ある日の午後、私は見てしまったんです・・・

絶対に見てはいけない、あの瞬間を!!

♪たりらりらりらりらぁ〜ん、ジャカジャン♪


『シャキーン!』

「へぇ〜んしんっ!」


「とぉっ!!」



なんちゃって。
そんなことしませんよ〜(笑)

ちなみに、だんなっちと一緒に写っているダンボールの山は、
ぜぇ〜んぶだんなっちの『本』ですっ!!
職場からお借りしているもの。
こちらで買ったもの。(←ほとんどコレ)
仕事で使うために日本から持ち込んだもの。
もう見慣れたけど、こうして見るとやっぱり多いよ・・・

自宅での仕事なので、その日のやる気によって夜型・朝型と
不規則な生活になりがちなだんなっち。

「これからは、気分の乗る乗らないにかかわらず、
 規則正しい生活をすべし!オレはやるぜ!!」

ということで、
眠いカラダを目覚めさせるべく、

ラジオ体操第一 を真剣にやっていたんです♪

実は、ラジオ体操のCDを蘭州に持ってきました(笑)

私がこっちに来る前、休日の午後に見た情報番組で、
「毎日ラジオ体操するだけで・・・」(笑)

お!これなら知ってるゾ!
すぐできるゾ!

ということで、
ラジオ体操の日常生活への導入が始まったわけです。

気分を出すには、あの♪チャンチャカ音楽と号令が欲しいな。と。

そして迷いもなく購入(笑)
もちろん、蘭州に来た今も「気ままに」続けています。

私に負けず劣らず、カラダがゆるんできただんなっちを巻き込もう!
と、仕事休憩直後のだんなっちにMP3のイヤホンを強制装着!!

そして、嫌々ながらも私の勢いにお付き合いしてくれました(笑)

結構いい運動だし、小汗もかいて、カラダも楽になるのに。
この素晴らしさにだんなっちが気がつくまでには、
まだまだ時間がかかりそうです・・・


nice!(1)  コメント(8) 

豌豆粉 [蘭州の日々]

先日、便座を買いに行った日。

蘭大本部の正門から真っ直ぐの道沿いにある


このお店に行ってきました。

ここ、ずっとずっと気になっていたんです!
だって、ここを通る度に

こんな作業をしているのが、通りすがりに見えるから!!

この白いにょろにょろしたものを、一体どうやって食べるのだろう。

お店の看板にもある通り、ここは
『豌豆粉(エンドウ豆で作ったはるさめ)』のお店でした。

もともとは、広西の方の料理のようです。

注文が入ってから、

この作業をして、出来たてを出してくれます。

私が頼んだのは、

排骨豌豆粉。
奥にあるのは、追加で選ぶトッピング。

スープはあまり辛すぎず、
トッピングにピリッとイイ辛さがついてました。
(はるさめは、ちょっと茹ですぎ感がありましたが・・・)

味は、普通に美味しい。
不味いわけではないけど、たぶんもう行かない(笑)
1度食べればいい味ってありますよね。
それです、それ!

私は、麻辣燙(中国風激辛おでん?)で
手粉(手でのばしてつくった太めのはるさめ)とか
粉条(ジャガイモから作った平たいひも状のはるさめ)とか
食べられれば、わざわざこれを食べに来なくても十分だなー・・・
と思うのでした。


nice!(2)  コメント(4) 
前の10件 | - 蘭州の日々 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。